過敏性腸症候群・便秘の治験モニター

過敏性腸症候群・便秘の治験モニター

日本人に多いとされている過敏性腸症候群。

 

腸には器質的な病気がないのに、ストレスなどが原因で便秘がちであったり、あるいは下痢などの便通異常が起こる状態です。また、おなかの不快感を症状として挙げる人もいるようです。このような症状は、日常に少なからず不便さを与えると言えるでしょう。

 

そこで、さまざまな薬の開発と伴い、この過敏性腸症候群に対しても、新薬の開発が行われていて、このために治験モニターが募集されている訳です。

 

治験ボランティア

 

治験モニターのメリットとは

 

この過敏性腸症候群の治験モニターも他の治験モニターと同様に、医師の指導の下、最新の治療薬を計画的により安全性を考えながら、受けていくようなシステムになっています。

 

また、健康診断も無料で、継続的に受診できるようになってるのです。

 

もちろん、治験参加者のプライバシー安全性の保護に、最大限に配慮もなされるため、とても安心して治験モニターとして参加できると言ってもいいでしょう。

 

治験モニターの特典は

 

この過敏性腸症候群の治験モニターも、他のモニター同様に、治験に参加中の医療費の負担が一部軽減されるのです。また、なかなか完治が難しいとされる過敏性腸症候群に対して、最新の薬をいち早く受けられることも魅力でしょう。

 

もちろん、定期的な医師の健康診断によって、常に自分の体の状態を把握できることも良いかもしれませんね。

 

過敏性腸症候群・便秘の治験モニターの口コミ

 

50代男性

 

知り合いに製薬会社に勤めてる人がいて、その人から治験参加の声を掛けられたのがきっけでした。自分自身が健康について、今まで以上に、いい意味で関心が高まり、勉強熱心になったことが一番のメリットかもしれません。

 

60代男性

 

少なからず、自分でおなかの不快感など症状に気づきながらもほっておいたままでした。

 

しかし、妻の薦めもあり、このような治験に参加してみると、とても今までの自分と変わった気がしました。何と言っても、新薬開発のために自分自身が社会に対して、貢献してるなんて感じるせいか、日々の暮らしの前向きになった気がします。

 

▼治験ボランティアの公式サイトはコチラ▼

治験ボランティア