治験バイトは危ない?リスクは?

治験バイトは危ない?リスクは?

治験バイトと聞くと、多くの人が人体実験的なイメージが付きまとうかもしれませんね。でも、大きなリスクはないと言ってもいいかもしれません。

 

ただ、どんな薬にせよ、副作用は多かれ少なかれ必ずあると言うことです。

 

だから、治験のバイトにおいても、副作用の下痢や眠気などが起こることもあるでしょうし、危険は伴うと言うことも考えておくことが大切になるでしょう。

 

しかし、治験が行われる前には予想される副作用や、確認済みの副作用など、きちんとした説明が行われています。もちろん、治験の前段階で、動物において7〜8年は実験をしていますし、治験を始める前に医師が健康上の観点から、参加が可能か否かを判断することになっているのです。

 

そこで、治験に参加する際、出来る限りリスクを避けるために言える事があります。

 

まず、治験で使用される薬が何の薬なのか、自分で把握しておくことでしょう。それには、ある程度、薬の種類を選ぶことがベストかもしれません。シップ薬や抗菌製剤などは、比較的安全性が高いと言われているようです。

 

次に言うならば、ジェネリック薬品として開発されてる薬を選択することでしょう。

 

知ってる人もいるでしょうが、薬は3年の特許期間があり、他社は類似の薬を3年間出せないシステムになっています。その期間が過ぎた時、同じ成分でもあっても厚生労働省の許可をもらうために、治験を行うことになっているのです。言い換えるならば、市販化されてる、または臨床現場で使用されてるものと同じになるので、より安全性が高いと治験薬と言えるからです。